ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

【映画】ゴリラ【アーノルド・シュワルツェネッガー主演!動物の話じゃない?ラスト15分の無双が爽快!あらすじ,感想】※ネタバレなし

Amazonで最安値を探す

楽天市場で最安値を探す

 

 

スポンサーリンク

 

 

基本情報

【タイトル】ゴリラ

【原題】Raw Deal

【制作年】1986年(アメリカ)

【ジャンル】アクション

映倫区分】?

【時間】1時間46分(106分)

【キャスト】

アーノルド・シュワルツェネッガーマーク・カミンスキー

キャスリン・ハロルドモニカ

サム・ワナメーカーパトロヴィタ

…etc.

 

タイトルが…

「他に何か無かったん?」

思わずツッコミたくなるタイトル!笑

なぜこんなタイトルになったのかと言うと…

シュワちゃんを例えるなら「ゴリラ」だから

こんな理由で付けてええの?笑

本人は知っているんですかね…

「アンタ、ゴリラっぽいな」

とか言われたら普通怒るでしょ?笑

でも海外だと誉め言葉になるんかな?

日本人だと確実にキレますね…

ちなみに原題のRaw Deal

「不当な扱い」「酷い仕打ち」という意味

普通にそのまま使えば良かったやん…笑

 

ゴリラ

皆さんゴリラの正式名称って知ってますか?

ゴリラって呼んでますが正式には違います!

ちゃんとした学名というのが存在します

ゴリラも種類によって呼び方が色々…

犬で例えるなら犬種みたいなもんです

「ニシゴリラ」と呼ばれる種類のゴリラは

ゴリラ・ゴリという学名です

そのニシゴリラも更に2種類に分類されます

その内の1種類の学名は…

ゴリラ・ゴリラ・ゴリ

何回ゴリラって言うねん!笑

ちなみに「ヒガシゴリラ」も存在します!

有名な「マウンテンゴリラ」がその中の1種

学名はゴリラ・ベリンゲイ・ベリンゲイ

もうゴリラ連呼しすぎて頭が真っ黒…笑

人生でゴリラをこんなに書いたのは初ですね

以上、明日使える?豆知識でした!笑

 

内容(あらすじ)

主人公(カミンスキー)

カミンスキーは仕事で無茶をやりすぎて左遷

だってシュワちゃんですからね…笑

やらかし過ぎでちょうど良い位です!

そんな彼はFBIから警察官に格下げされる事に

本人は田舎暮らしも中々良いと気に入っている

しかし、嫁は田舎暮らしに不満だらけ…

夫婦喧嘩が絶えません…

そんな中、彼にとってチャンスが舞い込みます

元上司から直々に仕事を頼まれる

内容はある組織の潜入捜査

そして得意の壊滅をさせろと命令される

成功のあかつきにはFBIに復帰できるとの事!

果たして彼はFBIに見事復帰できるのか?

 

組織のボス(パトロヴィタ)

部下を使い様々な悪事を働く悪いヤツ

警察にまで手を出す位のレベル…

ある日、ブレナーという男が現れる

敵対している組織でひと暴れしてきたと言い

それを手土産に仲間にしてくれとお願い

パトロヴィタの部下は当然怪しいと感じる…

いきなり現れたら普通そうですよね?笑

一体彼は何者なのか?

 

総評

トータル的にギリ「B級作品」です!笑

人によってはZ級に感じるかも…

序盤から中盤にかけてが特に酷い!

シュワちゃんにやらせる演技ではない…

普通の事をするのが苦手なイメージ

皆さんがシュワちゃんに期待するのって

ムキムキのマッチョボディ

素手と武器で暴れまわる姿

敵をなぎ倒すシュワちゃん無双

乗り物で豪快にツッコんでいく様子

みたいな感じじゃないですか?

そんなシュワちゃんらしさが皆無です…

終盤になってようやく無双が始まります!

そこだけでも見る価値は十分ありますが…

しかも、80年代のシュワちゃん

数々のヒット作が生み出された黄金時代!

まさに現役のシュワちゃんが見れます!

シュワちゃんファンにはヨダレもんですね

ファンの方以外にはイマイチかも…笑

確実に万人ウケはしない作品だと思います!

シュワちゃんファンの方にはぜひオススメ

 

スポンサーリンク