ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『パディントン2』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

パディントン2』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年4月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

パディントン2』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル パディントン2
原題 Paddington 2
監督 ポール・キング
公開年 2017年
ジャンル コメディ,アドベンチャー
視聴制限 なし
時間 103分(1時間43分)
制作 ヘイディ・フィルムズ 他
配給 スタジオカナル

 

キャスト

俳優名 役名
ベン・ウィショー パディントン(声)
ヒュー・グラント フェニックス・ブキャナン
ヒュー・ボネヴィル ヘンリー・ブラウン
サリー・ホーキンス メアリー・ブラウン
マデリン・ハリス ジュディ・ブラウン
サミュエル・ジョスリン ジョナサン・ブラウン
ジュリー・ウォルターズ バード夫人
ブレンダン・グリーソン ナックルズ
ジム・ブロードベント サミュエル・グルーバー
イメルダ・スタウントン ルーシー叔母さん
ピーター・カパルディ カリー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作は、パディントンのシリーズ2作目になります。前作『パディントン』との関連については、ネタバレを含め時系列的に繋がりがあるので注意が必要です。ただ、内容的な繋がりは一部のみになるため、今作単体で見ても十分楽しむ事は出来ますが、監督や制作スタッフを含め、主要キャストもそのまま引き継がれているので、前作を先に見る事をオススメします。

(前作の記事はコチラ)

 

ポイント3.爆笑七変化

ブキャナン役を演じた「ヒュー・グラント」は、劇中で変装の名人として様々な衣装を見に纏っています。どの変装もユーモア満載なのですが、過去に『007シリーズ』や『バットマンシリーズ』『ワンダー・ウーマン』等、数々の作品で衣装担当を務めてきた「リディ・ヘミング」も1つの役でこれだけの数の衣装を用意したのは初めてだったと語るほど大変だったみたいなので、ご覧になる際には演技と併せて注目してみて下さい。

 

ポイント4.見所

純粋無垢なパディントン

ブラウン家の奮闘

絵本に隠された秘密

ブキャナンの華麗な変装

癖の強い囚人達

 

ポイント5.小ネタ・裏話

ブキャナン役を演じたグラントとヘンリー役を演じた「ヒュー・ボネヴィル」は、1999年に公開された『ノッティングヒルの恋人』以来の共演という事もあって、劇中でオマージュを取り入れたシーンも撮影したみたいなのですが、少し過激だったため撮り直ししたらしいです。

また、監督を務めた「ポール・キング」は、グラントにオファーを出す際、互いにユーモアで溢れたやり取りをしたみたいです。

他にも、ボネヴィルは前作の影響で友人から自宅に大量のマーマレードが送られてきたとインタビューの中で話していたらしいです。

 

こんな方にオススメ

アーティスティックな映画をお探しの方

笑って泣ける映画をお探しの方

家族で楽しめる映画をお探しの方

コントのようなドタバタ劇が好きな方

新しい事にチャレンジしたい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

パディントン

ブラウン一家と一緒に暮らすクマ。ルーシー叔母さんに絵本をプレゼントするため働き始めるが、失敗の連続な上に冤罪で刑務所に収監されてしまう。

 

ヘンリー・ブラウン

ブラウン家の父親。家族総出でパディントンの無罪を主張し、周辺住人にも協力を仰ぐが、ブキャナンが怪しいと言うメアリーに対して否定的な態度を示す。

 

メアリー・ブラウン

ブラウン家の母親。パディントンの無罪を主張し、ブキャナンが怪しいと考えたため証拠を探す中で犯人との共通点に気付く。

 

フェニックス・ブキャナン

ブラウン家の近所に住む俳優の男性。プライドが高いため、演技に長けているものの人気が無い。絵本に隠された秘密を知り、盗み出した真犯人。

 

ナックルズ

刑務所でボス的存在の囚人男性。他の囚人に不味い料理を提供し、意を唱えたパディントンを敵視するが、手作りマーマレードの味に惚れ込んで味方になる。

 

サミュエル・グルーバー

骨董品店を営む男性。パディントンとは仲が良く、飛び出す絵本を欲しがったため働く事を提案するが、泥棒に入られて店を荒らされた上に本が盗まれてしまう。

 

あらすじ・ストーリー

ブラウン一家と生活を共にする「パディントン」は、周辺住人とも親しくなり、充実した日々を送っていた。ある日、パディントンは「サミュエル・グルーバー」が営む骨董品店で、飛び出す絵本を見つけ、100歳の誕生日を迎える「ルーシー叔母さん」にプレゼントしようと考える。しかし、絵本を買うお金が無いパディントンは働く事にするが、失敗続きで仕事の大変さを実感する。そんな中、骨董品店から絵本を盗んだ泥棒を目撃したパディントンは、必死に捕まえようとするも逃げられた上に泥棒と間違えられて警察に逮捕されてしまう。その後、刑務所送りになったパディントンだったが、気持ちを切り替えて前向きに頑張ろうと決意する一方で、真犯人の「フェニックス・ブキャナン」は絵本に隠された秘密を調べていた。同じ頃、ブラウン一家はパディントンの無罪を訴え続け、絵本が宝の地図になっている事を知る中で「メアリー・ブラウン」がブキャナンと犯人の共通点に気付く。果たして、パディントンの運命は一体どうなってしまうのか?健気でキュートなパディントンの姿と心温まるラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ★★★★★
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

ヒュー・グラントの演技

笑いを誘う演出

分かりやすいストーリー

ポップな世界観

オリジナルのメッセージ性

残念だった点

ネタバレが早過ぎる点

 

感想

心が癒される作品でした。

少しダークな雰囲気が多めだった前作に比べて、今作は色鮮やかな街並みと遊び心やユーモアを重視しているため、絵本の世界がそのまま飛び出してきたように感じました。また、比喩を使った独特なメッセージ性も良かったですし、前作よりも更に老若男女問わず楽しめる作品になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク