ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年6月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜
原題 Ouija: Origin of Evil
監督 マイク・フラナガン
公開年 2016年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 なし
時間 99分(1時間39分)
制作 ブラムハウス・プロダクションズ 他
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
エリザベス・リーサー アリス・ザンダー
アナリース・バッソ ポーリーナ・ザンダー(リーナ)
ルル・ウィルソン ドリス・ザンダー
ヘンリー・トーマス トム・ホーガン
パーカー・マック マイケル・ラッセル(マイキー)
ダグ・ジョーンズ グール・マーカス

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作は呪い襲い殺すのシリーズ2作目になります。前作『呪い襲い殺す』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるため注意が必要です。また、今作の内容は過去に遡る前日譚になりますが、ネタバレ部分が共通しているため、どちらを先に見ても十分楽しむ事が出来ます。ただ、両方を見ないと一部説明不足に感じてしまうので、ぜひ前作もご覧になってみて下さい。

(前作の記事はコチラ)

 

ポイント3.監督と脚本の交代

前作で監督と脚本を務めた「スタイルズ・ホワイト」は今作の制作には参加せず、代わりに『オキュラス/怨霊鏡』や『サイレンス』でブラムハウスのCEOでもある「ジェイソン・ブラム」とタッグを組んだ事のある「マイク・フラナガン」が監督と脚本を務めています。ちなみに、マイクは今作を含めホラー作品を中心に手がけているので、気になる方はぜひ他の作品もチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

降霊術から始まる恐怖

ザンダー家の過去

インチキ霊媒師の末路

地下室に隠された秘密

人形を使った伏線

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の監督を務めたマイクは、オファーを受けた当初は微妙な反応を示したみたいなのですが、自身のアイデアを出来る限り実現してもらえると確約されたためオファーを受ける事にしたらしいです。

また、前作同様に今作の制作にはジェイソンだけでなく「マイケル・ベイ」と「ブライアン・ゴールドナー」が参加しています。

他にも、評論家からは低い評価を受けながらも興行収入は1億ドルを超えた前作に対して、今作は評論家から高い評価を受けたにも関わらず興行収入は前作より低いという逆転の現象が起きたみたいです。

 

こんな方にオススメ

オカルト要素のあるホラー映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

強烈な刺激を求めている方

超常現象や幽霊に興味のある方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

アリス・ザンダー

2人の娘を持つシングルマザー。偽の霊媒師として生活費を稼ぐ中でドリスの行う降霊術が本物だと知って頼りにするが、凶暴化し始めた事に恐怖を感じ始める。

 

ポーリーナ・ザンダー(リーナ)

アリスの娘。多感な年頃だが、アリスの過保護さに嫌気が差している。降霊術のせいで様子がおかしいドリスを不気味に感じ始める。

 

ドリス・ザンダー

リーナの妹。口数が少なく大人しい性格だったが、ウィジャボードを使った際に何かに憑依され、降霊術を行えるようになるも、人格が変わり始める。

 

トム・ホーガン

リーナとドリスが通う学校の男性神父。リーナに助けを求められたためザンダー家を訪れるが、霊の正体を知って危険だと警告する。

 

あらすじ・ストーリー

シングルマザーとして2人の娘を育てる「アリス・ザンダー」は、偽の霊媒師として自宅で降霊術を行っていたが、経済的に厳しい状況が続いていた。ある日、長女の「ポーリーナ・ザンダー(リーナ)」から降霊術にウィジャボードを使う提案を受けて購入したアリスは、磁石でプランシェットが動くように改造し、注意書きを無視してテストを1人で行ってしまう。すると、次女の「ドリス・ザンダー」がウィジャボードを使って見えない何かと会話をするようになり、死亡した父親に助けを求めた所、現金の入った袋を地下室で発見する。その事を聞いたアリスは、リーナとドリスの3人で降霊術を行い、質問をする中で霊の正体が夫だと確信する。その後、本物の霊媒師として働き始めたアリスだったが、手伝っていたドリスに異変が起き始め、不気味な霊が憑依した事で暴力を振うようになる。更に、神父の「トム・ホーガン」に助けを求めた所、アリスはドリスの部屋にあったポーランド語のメモから霊の正体と地下室の秘密を知る事になる。果たして、ザンダー家の運命は一体どうなってしまうのか?衝撃の事実と凶暴化した恐怖のドリスはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

時代を反映した設定

不気味で重苦しい雰囲気

インパクトの強い憑依姿

あえて見せるホラー演出

残念だった点

ツッコミ所が多い点

 

感想

想像以上に怖い続編でした。

残念な部分が多く目立った前作に比べて、インパクトを重視した演出と地下室を上手く使った設定のお陰で本格的なホラー作品に仕上がっていると感じました。終始不穏な空気感を漂わせつつ、一気に恐怖感を与える構成も良かったですし、シンプルな怖さが魅力的な作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク