ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『メガマインド』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『メガマインド』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『メガマインド』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル メガマインド
原題 Megamind
監督 トム・マクグラス
公開年 2010年
ジャンル SF,コメディ
視聴制限 なし
時間 96分(1時間36分)
制作 ドリームワークス 他
配給 パラマウント・ピクチャーズ

 

キャスト

声優名 役名
ウィル・フェレル メガマインド
ブラッド・ピット メトロマン
ティナ・フェイ ロクサーヌ・リッチ
ジョナ・ヒル ハル
タイタン
デヴィッド・クロス コブンギョ
ベン・スティラー バーナード

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.逆転の発想

今作は、ヒーローとヴィランの戦いを序盤で簡単に終わらせてしまう所からストーリーが展開する作品になります。また、本来ならヒーローが勝利するのが定番ですが、ヴィランが勝ってしまうという王道とは真逆の設定でもあります。

 

ポイント3.アニメーター監督

今作の監督を務めた「トム・マクグラス」は、人気シリーズ『マダガスカル』や『スペース・ジャム』等、数多くの作品の制作やアニメーションを担当した経歴があります。また、声優としても活動していて、今作でも劇中のどこかに声の出演をしています。

 

ポイント4.見所

ヒーローが消えた世界

ヴィラン故の悩みと葛藤

ヴィランが生み出すヒーロー

メガマインドの過去と恋

豪華な声優陣

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中にはスーパーマンのオマージュが散りばめられているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

また、メガマインド役には「ロバート・ダウニー・Jr」がキャスティングされていたみたいなのですが、スケジュールが合わなかったため「ウィル・フェレル」が声優を務める事になったらしいです。

 

こんな方にオススメ

一風変わったヒーロー映画をお探しの方

家族で楽しめる映画をお探しの方

元気が出るような映画をお探しの方

コントのようなドタバタ劇が好きな方

人を見た目や印象で判断しやすい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物・キャラクター

メガマインド

悪の天才を自称するヴィラン。悲願だったメトロマンに勝利して消し去り、街を征服するもライバルの必要性に気付いて新たなヒーローを作る事に決める。

 

メトロマン

メトロシティを守るヒーロー。メガマインドから街を守り、ロクサーヌを助ける日々を送っていたが、弱点が仇となって敗北し、骨になってしまう。

 

ロクサーヌ・リッチ

メトロシティに住むTVリポーターの女性。メトロマンが消えた後、バーナードに変身していると知らずにメガマインドと関係を深めていく。

 

ハル

メトロマンの遺伝子を受け継いでタイタンとして生まれ変わった男性。想いを寄せるロクサーヌを恋人にするため、私利私欲に駆られて力を使って暴走し始める。

 

コブンギョ

メガマインドの相棒で魚の形をした宇宙人。長年メガマインドのために尽くしてきたが、自暴自棄になった姿を見ると同時に決別を言い渡されてしまう。

 

バーナード

図書館で働く一般人の男性。メガマインドの変身相手に選ばれて新ヒーローになる予定だったが、失敗したためロクサーヌの前で姿だけ使われ続ける。

 

あらすじ・ストーリー

悪の道を突き進む「メガマインド」は、ヒーローとして活躍する「メトロマン」に戦いを挑み続け、敗北する日々を送っていた。ある日、いつものように戦いを挑んだメガマインドは、偶然が重なり初めてメトロマンに勝利すると同時に発明したレーザーで骨だけの姿に変えてしまう。その後、街を支配し始めたメガマインドだったが、張り合いの無さを感じて悪事を働く意欲も消え失せていく。そんな中、「バーナード」の姿を借りて「ロクサーヌ・リッチ」と親しくなったメガマインドは、新たなヒーローを生み出す事を思い付く。しかし、メガマインドのミスで「ハル」にメトロマンの遺伝子を与えてしまったため、力を私利私欲のために使うタイタンを生み出してしまう。更に、ロクサーヌに変身していた事がバレて軽蔑されたメガマインドは、自暴自棄になって暴走するタイタンに戦いを挑むが、全く歯が立たなかった。そこで、メガマインドは改めてロクサーヌと手を組み、タイタンを元に戻す方法を探す事にする。果たして、メガマインドはタイタンを止める事が出来るのか?どこか憎めないメガマインドの姿と衝撃の展開はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆☆★

☆5つが満点

 

良かった点

王道と斬新さのバランス

遊び心溢れる演出

シンプルなメッセージ性

コメディらしいユルさ

ドリームワークスらしい映像

残念だった点

やや急ぎ足に感じる点

 

感想

満足度の高い作品でした。

正義と悪を描いたシンプルな内容に逆転の発想をプラスする事で、ありそうでなかった作品に仕上がっていると感じました。小さなお子様でも楽しめるようにコメディタッチで描いているのも良かったですし、ヒーローとヴィランそれぞれの内面的な部分を巧みに使った見事な作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク