ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ライフ』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ライフ』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu △(レンタル)
ABEMA △(レンタル)
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年9月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ライフ』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ライフ
原題 Life
監督 ダニエル・エスピノーサ
公開年 2017年
ジャンル SF,ホラー
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 104分(1時間44分)
制作 スカイダンス・プロダクションズ
配給 コロンビア・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
ジェイク・ギレンホール デビッド・ジョーダン
レベッカ・ファーガソン ミランダ・ノース
ライアン・レイノルズ ローリー・アダムス
真田広之 ショウ・ムラカミ
アリヨン・バカレ ヒュー・デリー
オルガ・ディホヴィチナヤ エカテリーナ・ゴロフキナ(キャット)

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.ISSとエイリアン

今作は、国際宇宙ステーション(ISS)を舞台にした、地球外生命体と人間の生き残りをかけたサバイバルホラー作品になります。

 

ポイント3.ヴェノムとの関連

今作が公開される前に、当時公開予定されていた『ヴェノム』の前日譚ではないかという噂があったらしいです。実際には全く関連がありませんが、公開された予告やトレーラーで同じ映像が使われていた事や、設定がよく似ている事から、マーベルファンの間で話題になったみたいです。

 

ポイント4.見所

キャストの体を張った演技

進化し続けるカルビンの恐怖

好奇心が招く悲劇

緊張感のある展開

宇宙から見る美しい地球

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の撮影では、スタジオに原寸大のISSが作られたらしく、CG等は使わずに撮影が行われたみたいです。

また、今作の撮影では無重力空間を再現するため、キャストはワイヤーで吊るされた状態で過酷な撮影に挑んだらしいです。

他にも、劇中ではISSの中を上下左右様々な方向に移動するシーンが数多く登場しますが、スタッフがキャストに装着されたワイヤーを揚げたり降ろしたりしながら撮影が行われたみたいです。

ちなみに、ショウ・ムラカミ役を演じている「真田広之」ですが、日本語吹き替え版の声は本人ではなく別の声優が担当しています。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

独特な緊張感のある映画をお探しの方

エイリアン等の地球外生命体に興味のある方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

デビッド・ジョーダン

ISSクルーで医師の男性。元軍医だが、戦争の絶えない地球より宇宙を好んでいて、473日も滞在している。

 

ミランダ・ノース

ISSの新人クルーで検疫官の女性。医師でもあり、真面目な性格のため規則を遵守するべきという考え方を持っている。

 

ローリー・アダムス

ISSクルーでシステムエンジニアの男性。明るく優しい性格のため、ヒューを助けようとしてカルビンの餌食になってしまう。

 

ショウ・ムラカミ

ISSクルーでシステムエンジニアの男性。技術面でも優れていて、滞在中に娘が産まれる。

 

ヒュー・デリー

ISSクルーで宇宙生物学者の男性。発見したカルビンに執着し過ぎたため、悲劇を招くきっかけを作ってしまう。

 

エカテリーナ・ゴロフキナ(キャット)

クルー達からキャットと呼ばれているISSの司令官の女性。冷静で仲間思いの性格のため、自ら犠牲になる事も厭わない。

 

あらすじ・ストーリー

国際宇宙ステーション(ISS)では、火星から無人探査機が持ち帰った土壌サンプルの調査が行われていた。サンプルを分析中にクルーの1人「ヒュー・デリー」が生命体を発見するも全く動かなかったため、ケース内の温度を上げてブドウ糖を与えると動き始め、ISS歓喜に包まれる。史上初の地球外生命体の発見は地球にも届き、カルビンという名前が付けられ、分裂を繰り返しながら成長を続けていた。しかし、ヒューのミスでカルビンの活動が停止してしまったため、電気ショックで刺激を与える事にする。再び活動を始めたカルビンだったが、突然ヒューの指に纏わりついて締め付け始める。更に、カルビンがケースの外に出たため、ラボに入った「ローリー・アダムス」が自ら犠牲となって気絶したヒューを救出する。その後、カルビンは通気口を使ってラボから逃走し、ISS内は最悪の状況になってしまう。果たして、残った5人のクルーは無事に生還する事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆★★★★
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆★★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

神秘的なカルビンの見た目

キャスト陣の演技

豊富なホラー要素

残念だった点

真新しさに欠ける点

簡素すぎる人物設定

 

感想

王道のSFホラー作品でした。

ISSという閉鎖空間が緊張感と恐怖感を見事に演出していると感じました。ただ、王道故に新鮮さはあまり感じませんでしたが、人間のエゴや好奇心という部分も描かれていて、色々と考えさせられる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク