ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『呪怨2(劇場版)』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

呪怨2(劇場版)』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA △(レンタル)
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

呪怨2(劇場版)』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル 呪怨2(劇場版)
監督 清水崇
公開年 2003年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 なし
時間 92分(1時間32分)
制作 日活 他
配給 東京テアトル
主題歌 推定少女「間違い」

 

キャスト

俳優名 役名
酒井法子 原瀬京子
新山千春 三浦朋香
葛山信吾 大国圭介
市川由衣 千春
山本恵美 大林恵
斎藤歩 石倉将志
堀江慶 山下典孝
藤貴子 佐伯伽椰子
尾関優哉 佐伯俊
松山タカシ 佐伯剛雄

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作は、呪怨のシリーズ4作目になります。前作『呪怨(劇場版)』との関連については、一部を除いて登場人物が異なるため繋がりはほとんどありません。また、前作同様にビデオ版2作との関連も一部のみになるため、今作単体で見ても十分楽しむ事が出来ます。ただ、過去3作今作同様に過去作も恐怖演出が数多く含まれているので、ぜひご覧になってみて下さい。

(前作の記事はコチラ)

 

ポイント3.ホラー初出演

京子役を演じた「酒井法子」と朋香役を演じた「新山千春」ですが、今作がホラー映画初出演になります。また、前作で長編映画に初出演を果たした「市川由衣」は、今作でも千春役を演じています。

 

ポイント4.見所

恐怖の呪怨ハウス

次々起こる怪死

伽椰子の独特な声

京子の妊娠と事故

伽椰子と俊雄の極悪親子

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇場に登場する呪われた家は前作同様にハウススタジオの「アトリエ ミカミ Bスタジオ」が使われたみたいなのですが、設定上の「東京都練馬区寿町4-8-5」という住所は実際には存在しないらしいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

独特な雰囲気のある映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

強烈な刺激を求めている方

超常現象や幽霊に興味のある方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

原瀬京子

ホラークイーンと呼ばれる女優。将志との間に赤ちゃんを授かるも交通事故で流産してしまった上に母親が急死し、次々と不幸が降り注ぐ。

 

三浦朋香

ホラー番組のレポーターを務める女性。マンションの角部屋に住んでいるが、部屋が無い方の壁の中から物音がする事に悩まされている。

 

大国圭介

ホラー番組のディレクターを務める男性。呪いの家と噂される佐伯家でロケを行った後、周囲で謎の失踪が起き始める。

 

千春

霊感のある女子高生。京子が主演を務めるホラー映画のエキストラとして参加した際、俊雄の姿を目撃してしまい、佐伯家の悪夢に魘されるようになる。

 

大林恵

テレビ局でメイク係を務める女子。佐伯家でのロケ中は何事も無かったが、テレビ局に戻った後で伽椰子に襲われて行方不明になる。

 

あらすじ・ストーリー

ホラークイーンとして有名な女優「原瀬京子」は、テレビの企画で過去に凄惨な事件のあった呪われた家でロケを行う。その帰り道、事故に遭った京子は流産してしまい、運転していた婚約者は意識不明の重体となってしまう。しかし、事故の直前に見た「佐伯俊雄」の霊がお腹に触れる心霊現象に遭遇した京子は、病院で妊娠していると言われて疑問に感じる。一方、呪われた家でレポーターとしてロケに参加していた「三浦朋香」も壁を叩くような音に悩まされる中で、恋人と共に俊雄と「佐伯伽椰子」の霊に襲われて死亡してしまう。更に、京子のヘアメイクを担当していた「大林恵」も伽椰子に襲われて行方不明になり、カメラマンや音声担当まで忽然と姿を消したため、ディレクターの「大国圭介」は呪いが本物だと感じ始める。そんな中、恵が京子の家に入るのを目撃した圭介は後を追いかけるが、ロケの際に見かけた古いノートが置かれているのを発見し、佐伯家で起こった過去の事件が全ての元凶だと知る。果たして、京子達は迫り来る呪いから逃れる事が出来るのか?伽椰子と俊雄の恐ろしい姿と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆★★★
意外性 ★★★★★
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆★★★
音楽 ☆★★★★

☆5つが満点

 

良かった点

不気味な雰囲気

染みを使った演出

残念だった点

チープなCG

曖昧さが目立つ点

露骨に見せ過ぎている点

説明不足に感じる点

抑揚感と緊張感の薄さ

 

感想

悪目立ちする続編でした。

前作同様にオムニバス形式のため、時系列がバラバラで分かりにくいのはシリーズの特徴なので好みの問題になりますが、ストーリー自体がほぼ丸投げ状態だと感じました。せめてもう少しドラマ性か複雑さがあれば良かったような気はしますが、とにかく理不尽さを際立たせている作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク