ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

ドラマ『ホークアイ』5つのポイント・無料で見る方法・オススメの見る順番・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

ホークアイ』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

※Disney+のみ配信されています。

Amazon prime video ×
U-NEXT ×
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market ×
Disney+ 〇(定額見放題)

注意点

本ページの情報は2022年6月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

ホークアイ』のBlu-ray DiscやDVDはは未発売ですが、グッズ等の商品は発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ホークアイ
原題 Hawkeye
監督 リース・トーマス
バート&バーティ
配信開始 2021年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
話数 6話
制作 マーベル・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー

 

キャスト

俳優名 役名
ジェレミー・レナー クリント・バートン
ホークアイ
ヘイリー・スタインフェルド ケイト・ビショップ
ラクア・コックス マヤ・ロペス
エコー
ヴェラ・ファーミガ エレノア・ビショップ
トニー・ダルトン ジャック・デュケイン
フラ・フィー カジミエシュ・カジミエルチャク(カジ)
フローレンス・ピュー エレーナ・ベロワ
ブラック・ウィドウ
リンダ・カーデリーニ ローラ・バートン
ベン・サカモト クーパー・バートン
ケイド・ウッドワード ナサニエル・バートン
エイバ・ルッソ ライラ・バートン
ヴィンセント・ドノフリオ ウィルソン・フィスク
キングピン
ジョルト ピザドッグ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.過去作との関連

今作はマーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマシリーズ4作目であり、過去作『マイティ・ソー』で初登場したクリントにスポットを当てた作品になります。また、時系列的には『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後になり、登場人物を含め『アベンジャーズ』のシリーズや『ブラック・ウィドウ』とも一部関連があるため注意が必要です。特に、クリントが登場する作品は関連性が強いので、ぜひ下記のオススメの鑑賞順を参考にしながら他のMCU作品もご覧になってみて下さい。

(MCUの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.オススメの鑑賞順

アベンジャーズ

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

アベンジャーズ/エンドゲーム

ブラック・ウィドウ

ホークアイ

 

見ておくと更に楽しめる作品

マイティ・ソー

アントマン

デアデビル

 

ポイント4.見所

クリントの過去と災難

ケイトの奮闘と決意

復讐に燃えるマヤとエレーナ

癖の強い登場人物

ユニークなトリックアロー

 

ポイント5.小ネタ・裏話

シリーズを通じてクリント役を演じ続けている「ジェレミー・レナー」は、今作の企画を初めて聞いた際、ドラマこそがホークアイの生きる道であり、とても興奮したとインタビューの中で話していたみたいです。

また、ジェレミーは過去作の中で気に入っている要素を全て盛り込まれていると話していたらしいです。

他にも、過去作『ブラック・ウィドウ』で初登場したエレーナが今作にも登場するのですが、制作総指揮を務めた「ジョナサン・イグラ」がマーベル側に依頼した事で実現したみたいです。

ちなみに、今作の設定や登場人物は原作と共通する部分が多めになっているので、気になる方はぜひ原作の方もチェックしてみて下さい。

 

こんな方にオススメ

激しい戦闘アクションドラマをお探しの方

家族の大切さを感じるドラマをお探しの方

元気が出るようなドラマをお探しの方

コントのようなドタバタ劇が好きな方

新しい事にチャレンジしたい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

クリント・バートン

アベンジャーズのメンバーの男性。子供達とNYを訪れて楽しい時間過ごしていたが、ローニンのスーツを追う中でケイトと出会い、過去の因縁に立ち向かう。

 

ケイト・ビショップ

クリントに憧れる少女。幼い頃クリントに助けられた過去があり、ローニンのスーツが原因で出会った事で力になりたい一心で奮闘する。

 

マヤ・ロペス

トラックスーツ・マフィアのリーダーの女性。聴覚障害があり、右足は義足だが高い戦闘能力を持ち、ローニンがケイトだと思い込んで執拗に追い回す。

 

エレノア・ビショップ

ケイトの母親。警備会社の社長として成功を収める中で、ケイトが嫌っている恋人のジャックと再婚しようと考えている。

 

ジャック・デュケイン

エレノアの恋人で富豪の男性。闇オークションに参加していた直後に自身の叔父が殺害される事件が起きたため、ケイトから疑いの目を向けられる。

 

エレーナ・ベロワ

ナターシャの妹。ヴァルから姉の死がクリントのせいだと聞かされてNYにいる事を知り、復讐するため突然襲い掛かる。

 

ローラ・バートン

クリントの妻。過去の因縁に決着をつけるとクリントから連絡を受けたため、先にNYから帰宅した子供達と共に無事を祈りながら帰りを待ち続ける。

 

カジミエシュ・カジミエルチャク(カジ)

マヤの幼馴染の男性。トラックスーツ・マフィアのNo.2としてマヤを支える傍ら、資金洗浄も行っている。

 

あらすじ・ストーリー

父親を亡くしながらも「クリント・バートン」に命を救われた「ケイト・ビショップ」は、弓術と武術を身に付けて大きく成長していた。クリスマスを目前に控えたある日、母親の「エレノア・ビショップ」に付き添ってパーティーに参加したケイトは、闇オークションの現場を目撃してしまう。その後、会場が武装集団によって襲撃されたため、ケイトは落ちていたローニンのスーツを身に纏って脱出する。一方、子供達とNYを訪れていたクリントは、ローニンが現れたというニュースを目にし、スーツを着ていたケイトを見つけ出す。ケイトからスーツの入手経路を聞いたクリントだったが、ローニンに恨みを持つ「マヤ・ロペス」が率いるトラックスーツ・マフィアに追われる事になる。その後、調査を進める中で、ケイトは「ジャック・デュケイン」がマフィアと繋がっている事を知り、エレノアが利用されていると考える。そこでクリントとケイトは、問題を解決するため相棒として協力関係を結ぶ事に決める。果たして、2人は問題を解決して無事にクリスマスを迎える事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と衝撃の事実はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆★

☆5つが満点

 

良かった点

魅力溢れるキャストの演技

ドラマならではの細かな描写

コメディ要素強めの演出

シンプルな伏線とミスリード

ツッコミ所満載のミュージカル

残念だった点

やや詰め込み過ぎに感じる点

 

感想

ユーモラスな作品でした。

ケイトを含めユニークな登場人物とクールなクリントを組み合わせる事で、緊張感とユルさを絶妙なバランスで表現していると感じました。自然な流れで過去作と上手く関連付けているのも良かったですし、家族をテーマにしたクリスマスらしい作品になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク