ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ドント・ブリーズ』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

ドント・ブリーズ』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu △(レンタル)
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年4月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

ドント・ブリーズ』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ドント・ブリーズ
原題 Don't Breathe
監督 フェデ・アルバレス
公開年 2016年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 88分(1時間28分)
制作 ゴースト・ハウス・ピクチャーズ
配給 スクリーン・ジェムズ

 

キャスト

俳優名 役名
ジェーン・レヴィ ロッキー
ディラン・ミネット アレックス
ダニエル・ゾヴァット マネー
スティーヴン・ラング 盲目の老人
フランシスカ・トローチック シンディ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.監督2作目

今作は「フェデ・アルバレス」の長編映画として監督を務めた2作目になります。初監督を務めた『死霊のはらわた(2013)』はリブート作品ですが、非常に強烈なインパクトのあるホラー作品なので、興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

 

ポイント3.2度目のタッグ

今作と『死霊のはらわた(2013)』の制作を務めている「サム・ライミ」と今作で監督を務めたフェデは2度目のタッグになります。ちなみに、サムは『スパイダーマン』シリーズの監督を務めた以外に、数々のホラー映画の監督や制作も務めているので、ぜひ他の作品もご覧になってみて下さい。

 

ポイント4.見所

スティーヴン・ラングの演技

泥棒vs最恐の盲目の老人

斬新な罪の償わせ方

老人の過去と秘密

恐怖の飼い犬

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作のキャスティングに際して、ロッキー役は撮影開始の2週間前まで決まらなかったみたいですが、元々別の作品に出演する予定だった「ジェーン・レヴィ」のスケジュールが空いたため監督のフェデが急きょオファーを出して決定したらしいです。

また、盲目の老人役を演じた「スティーヴン・ラング」は、撮影中に視界を遮るコンタクトを付けていたみたいで、あえて盲目の演技をする必要がないほど暗闇ではほとんど何も見えなかったらしいです。

他にも、初監督作品では大量の血のりを用意するほど流血シーンを多用したフェデですが、今作では出来る限り流血シーンを使わずにリアリティのある作品に仕上げるように心がけたみたいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

独特な緊張感のある映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

人を見た目や印象で判断しやすい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ロッキー

泥棒一味の女性。育児放棄している母親の元から妹を連れて離れるために盗みで金を集めている。

 

アレックス

泥棒一味の青年。父親が警備会社のセキュリティ部門に勤めているため防犯関係に詳しい。慎重な性格の反面、気が弱い。

 

マネー

泥棒一味の青年。ロッキーの恋人だが、粗暴で荒っぽい性格。大金を持つ盲目の老人の自宅に盗みに入ろうと提案する。

 

盲目の老人

古い屋敷に犬と暮らす盲目の男性。娘を事故で失い、大金が支払われたという情報を聞いた泥棒3人に自宅へ侵入されるが、逃げられないように追い詰めていく。

 

あらすじ・ストーリー

金目当てに泥棒を繰り返す「ロッキー」「アレックス」「マネー」の3人は、大金を狙って盲目の老人の自宅に侵入する事に決める。深夜になり、計画を実行に移した3人は、犬に睡眠薬入りのエサを与えて眠らせ、セキュリティを解除して、老人にも睡眠ガスを使って目が覚めないように対策を済ませる。家の中を物色し始めた3人は、厳重にロックされた怪しい扉を発見するが、銃を取り出したマネーが勢いで発砲してしまう。すると、目覚めた老人が近付いてきて、脅そうとしたマネーだったが、逆に取り押さえられて射殺される。更に、家の中を見回り始めた老人はクローゼットの中の金庫を確認し、出入り口の封鎖を始める。一方、クローゼットに隠れていたロッキーは、金庫から現金を奪ってアレックスと共にマネーが開けた扉から地下室に入って出口を探すが、老人に気付かれて追い回される事になる。果たして、ロッキー達は無事に脱出する事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と老人に隠された衝撃の事実はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆☆★

☆5つが満点

 

良かった点

何度も来るクライマックス感

意外性のある展開

細かい人物設定

残念だった点

ツッコミ所が多い点

 

感想

手に汗握る作品でした。

シンプルな内容かと思いきや、次々と新しい展開に発展していくので、非常に見応えがあると感じました。盲目という設定を上手く使った演出が絶妙な恐怖感と緊張感のある雰囲気を醸し出している作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク