ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ラブ・アゲイン』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

ラブ・アゲイン』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA 〇(定額見放題)
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年3月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

ラブ・アゲイン』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ラブ・アゲイン
原題 Crazy, Stupid, Love.
監督 グレン・フィカーラ
ジョン・レクア
公開年 2011年
ジャンル ラブロマンス,コメディ
視聴制限 なし
時間 117分(1時間57分)
制作 ワーナー・ブラザース
配給 ワーナー・ブラザース

 

キャスト

俳優名 役名
スティーヴ・カレル キャル・ウィーバー
ライアン・ゴズリング ジェイコブ・パーマー
ジュリアン・ムーア エミリー・ウィーバー
エマ・ストーン ハンナ・ウィーバー
アナリー・ティプトン ジェシカ・ライリー
ジョナ・ボボ ロビー・ウィーバー
ジョーイ・キング モリーウィーバー
マリサ・トメイ ケイト・タファティ
ケヴィン・ベーコン デイヴィッド・リンハーゲン

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.コメディコンビ

今作は『フィリップ、君を愛してる!』等のコメディ作品を中心に手がけてきた「グレン・フィカーラ」と「ジョン・レクア」が共同で監督を務めた作品になります。主に脚本を務めてきた2人ですが、個性的なコメディ作品ばかりなので、気になる方はぜひ今作と併せてチェックしてみて下さい。

 

ポイント3.高評価

今作は、興行的に成功したのはもちろんですが、評論家からも高い評価を得ている作品でもあります。また、ジェイコブ役を演じた「ライアン・ゴズリング」は、ゴールデングローブ賞の「主演男優賞」にノミネートされ、ハンナ役を演じた「エマ・ストーン」も各映画賞にノミネートされ、一部は受賞もしています。

 

ポイント4.見所

豪華なキャスト

個性的な登場人物

それぞれの恋愛模様

人物同士の繋がり

ジェイコブ流の口説き

 

ポイント5.小ネタ・裏話

ジェイコブ役を演じた「ライアン・ゴズリング」は、撮影中にキャル役を演じた「スティーヴ・カレル」がアドリブが多過ぎてNG集が出来たと話していたみたいです。

また、ライアンは役作りのために肉体改造を行ったらしく、劇中では引き締まった肉体美を見る事が出来るので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

メッセージ性の強い映画をお探しの方

心温まる映画をお探しの方

笑って泣ける映画をお探しの方

恋愛に対して不器用な方

気持ちを伝えるのが苦手な方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

キャル・ウィーバー

妻子持ちの中年男性。エミリーから浮気した事と離婚を迫られ、承諾するも内心ショックを受けるが、ジェイコブに出会って男性磨きを始める。

 

ジェイコブ・パーマー

女性遊びが大好きな男性。バーで出会ったキャルにモテるコツを伝授する一方で、ハンナに初めて本気で恋をしたため、遊ぶのをやめて一途になる。

 

エミリー・ウィーバー

キャルの妻。別れを告げたキャルが家を出た後、デイヴィッドとデートを繰り返すが、失って初めて大切な存在だったと気付き始める。

 

ハンナ・ウィーバー

弁護士を目指す女子学生。司法試験に合格するが、恋人との気持ちの差にショックを受け、ジェイコブと一夜を共に過ごす中で意気投合して恋に落ちる。

 

ジェシカ・ライリー

ウィーバー家でベビーシッターをしている女子学生。優しいキャルに密かに想いを寄せるが、息子のロビーが執拗に告白するため困り果てている。

 

ロビー・ウィーバー

ウィーバー家の長男。両親を元の夫婦に戻そうと互いを焚き付ける一方で、ジェシカに様々な手を使って想いを告げるが、相手にされず空回りを繰り返す。

 

ケイト・タファティ

ロビーの担任の女性。息子の担任と知らずにキャルがバーで口説いて一夜を共にしたため保護者会で再会した際、エミリーに暴露されてしまう。

 

あらすじ・ストーリー

ごく普通の生活を送る「キャル・ウィーバー」は、妻の「エミリー・ウィーバー」から浮気と離婚の話を聞かされ、家を出ると同時に酷くショックを受ける。その後、毎晩バーに通うようになったキャルだったが、常連客で毎晩違う女性を口説いていた「ジェイコブ・パーマー」に突然声をかけられる。ジェイコブ流の特訓を受けたキャルは、バーで次々と女性を口説くようになり、独身気分を味わうと共に自信を持つようになる。しかし、エミリーの方も離婚を考え直そうかと考えていた矢先、キャルは女性遊びがバレてしまったため再び2人の間に溝が出来てしまう。一方、ジェイコブは一度声をかけて口説くのに失敗した「ハンナ・ウィーバー」と再会し、何気ない会話で盛り上がった結果、本気で恋に落ちる。そんな中、キャルはエミリーに気持ちを伝えるためサプライズを計画し、ジェイコブもハンナの両親に挨拶に行く事にする。果たして、キャルとジェイコブは、良い結果に結び付ける事が出来るのか?まさかの展開とほっこりするラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆★★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

シンプルなメッセージ性

適材適所のキャスティング

テンポの良い展開

細かい人物設定と相関関係

ライアン・ゴズリングの色気

残念だった点

一部アウトな内容が含まれている点

 

感想

勉強になる作品でした。

夫婦愛や初恋、大人の恋から子どもの恋まで様々な恋愛が描かれているので、どの年代にも刺さる内容だと感じました。ラブロマンスとコメディのバランスも非常に良かったですし、恋愛において何が一番大切なのか考えさせられる内容になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク