ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ 〇(定額見放題)

注意点

本ページの情報は2022年7月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
原題 Captain America:The First Avenger
監督 ジョー・ジョンストン
公開年 2011年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 なし
時間 124分(2時間04分)
制作 マーベル・スタジオ 他
配給 パラマウント・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
クリス・エヴァンス スティーブ・ロジャース
キャプテン・アメリカ
ヘイリー・アトウェル マーガレット・エリザベス・カーター(ペギー)
ヒューゴ・ウィーヴィング ヨハン・シュミット
レッドスカル
セバスチャン・スタン ジェームズ・ブキャナン・バーンズ(バッキー)
スタンリー・トゥッチ エイブラハム・アースキン
ドミニク・クーパー ハワード・スターク
トビー・ジョーンズ アーニム・ゾラ
トミー・リー・ジョーンズ チェスター・フィリップス

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作・過去作との関連

今作はキャプテン・アメリカのシリーズ1作目であり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のシリーズ5作目になります。MCUのシリーズ4作目でもある『マイティ・ソー』を含め、過去作との関連はほとんど無いので、今作単体で見ても十分楽しむ事が出来ます。ただ、過去作の中でも『アイアンマン2』に登場したトニーの父親ハワードが登場する事に加えて、今作以降で重要な繋がりも出てくるので、ぜひ過去作の方もご覧になってみて下さい。

(MCUの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.英雄の誕生

今作はスティーブ・ロジャースキャプテン・アメリカになるまでの経緯やヒドラとの戦い等が描かれています。スティーブ自身の設定はほぼ原作通りですが、展開や他の登場人物に関してはオリジナル要素が強めになっています。特に、バッキーやペギーの設定は原作と大きく異なるので、気になる方はぜひ今作と併せてチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

キャプテン・アメリカの誕生

ティーブの決意と信念

ヒーローの素質と条件

アースキンの願い

ヒドラの暗躍

 

ポイント5.小ネタ・裏話

ティーブ役を演じた「クリス・エヴァンス」は、小柄で病弱な姿も演じているみたいなのですが、縮小加工したり、スタントマンとして別の人物が全く同じ動きで撮影した映像を合成させる事で実現したらしいです。

また、クリスは撮影前に役作りのため4ヶ月間のトレーニングを行ったみたいなのですが、アクションシーンもほとんど全て自分で演じているらしいので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

他にも、クリスはスティーブ役のオファーを受けた際に何度も断ったみたいなのですが、マーベル側の熱意と友人達や『アイアンマン』でトニー役を演じた「ロバート・ダウニー・Jr」の説得もあって、出演する事を決めたらしいです。

ちなみに、劇中には「スタン・リー」のカメオ出演だけでなく、クリスが『ファンタスティック・フォー』のシリーズで演じた「ヒューマン・トーチ」の初代が着ていた赤いスーツも登場しているので、ご覧になる際にはぜひ探してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

激しい戦闘アクション映画をお探しの方

メッセージ性の強い映画をお探しの方

勇気がもらえる映画をお探しの方

新しい事にチャレンジしたい方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

スティーブ・ロジャース

病弱で小柄な体格の青年。正義感が強く、諦めの悪い性格のため不合格になりながら何度も入隊を志願する中で、スーパーソルジャー計画の被験者に選ばれて強靭な肉体を手に入れる。

 

マーガレット・エリザベス・カーター(ペギー)

SSRに所属する女性。スティーブの持つ強い意志と純粋さに惹かれ、スーパーソルジャーとなった後も作戦本部でサポートを続ける。

 

ヨハン・シュミット

ヒドラの創設者の男性。超人血清による副作用で首から上の皮膚が剥がれている。コズミックキューブの力を使って兵器を開発し、世界征服を目論んでいる。

 

ジェームズ・ブキャナン・バーンズ(バッキー)

ティーブの親友で兵士の男性。任務中に捕虜になっていたが、スーパーソルジャーとなったスティーブに救出された後、相棒として行動を共にする。

 

エイブラハム・アースキン

SSRの代表を務める男性。超人血清の製造法を知る唯一の人物で、スティーブを被験者に抜擢して成功を収めるが、直後に銃撃されて死亡する。

 

ハワード・スターク

スターク社の創業者で社長を務める男性。天才発明家としてSSRに技術提供し、スーパーソルジャー計画に携わる中でスティーブ達の装備も開発していく。

 

アーニム・ゾラ

シュミットに協力する科学者の男性。コズミック・キューブに魅了されてエネルギー開発に心血を注ぐ中で、ヒドラに対する忠誠心から副司令官に任命される。

 

チェスター・フィリップス

アメリカ陸軍に所属する大佐の男性。スーパーソルジャー計画の責任者でもあり、スティーブに活躍の場を与える。

 

あらすじ・ストーリー

第二次世界大戦の最中、身体的な理由で入隊を拒否されていた「スティーブ・ロジャース」は、諦めずに何度も志願していた。そんな中、親友の「ジェームズ・ブキャナン・バーンズ(バッキー)」の配属先が決まり、スティーブも試しに志願した所、偶然出会った「エイブラハム・アースキン」に見出され、念願の兵士となる。その後、アースキンはスーパーソルジャー計画の被験者にスティーブを選び、大勢が見守る中で実験は成功し、最強の兵士を生み出す。しかし、アースキンはヒドラのスパイによって射殺され、スティーブ自身もマスコットキャラクターとして政治利用されてしまう。更に、兵士の慰問に訪れた際、初心を思い出したスティーブは、バッキーが所属する107連隊を助け出すため危険を顧みず単身敵地に乗り込む。そして、バッキーを含め大勢を救出したスティーブは兵士達から信頼を勝ち取るが、裏で「ヨハン・シュミット」率いるヒドラが兵器を使って世界征服を目論んでいると知って戦う事を決意する。果たして、スティーブはヒドラの計画を阻止する事が出来るのか?激しい戦闘アクションと衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆☆☆
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆★

☆5つが満点

 

良かった点

クリス・エヴァンスの演技

ドラマ性のある展開

シンプルなメッセージ性

ハイル・ヒドラのポージング

こだわりの映像技術

残念だった点

一部不快な表現が含まれる点

 

感想

心揺さぶられる作品でした。

キャプテン・アメリカとして活躍する姿だけを描くのでは無く、スティーブ自身の感情にスポットを当てる事で奥行きのある内容に仕上がっていると感じました。メインのアクションを引き立てる絶妙なバランスのドラマ性も最高でしたし、スティーブの魅力とクリスの素晴らしい演技が光る作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク