ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『アナベル 死霊博物館』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

アナベル 死霊博物館』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA △(レンタル)
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年9月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

アナベル 死霊博物館』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

レンタルサービス情報

アナベル 死霊博物館』のBlu-ray DiscやDVDをレンタル出来るサービスの一覧です。

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】
ゲオ宅配レンタル
DMM DVDレンタル

注意点

本ページの情報は2021年9月時点のものです。サービスによって取扱が終了していたり、在庫が無い場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

ポイント1.基本情報

タイトル アナベル 死霊博物館
原題 Annabelle Comes Home
監督 ゲイリー・ドーベルマン
公開年 2019年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 なし
時間 106分(1時間46分)
制作 ニュー・ライン・シネマ
配給 ワーナー・ブラザース

 

キャスト

俳優名 役名
マッケナ・グレイス ジュディ・ウォーレン
マディソン・アイズマン メアリー・エレン
ケイティ・サリフ ダニエラ・リオス
マイケル・チミノ ボブ・パルメリ
ヴェラ・ファーミガ ロレイン・ウォーレン
パトリック・ウィルソン エド・ウォーレン

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作・過去作との関連

今作は死霊館のシリーズ7作目になります。前作『ラ・ヨローナ 〜泣く女〜』との関連については、同じスピンオフ作品扱いではあるものの、登場する人物が全く異なるので内容的な繋がりはありません。また、他の過去作も同様に内容的な繋がりは一部のみなので、今作単体で見ても十分楽しむ事が出来ます。ただ、死霊館シリーズのメインでもあるウォーレン一家と何度も作品に登場しているアナベル人形が初めて直接的な関わりを持つ作品なので、ぜひ過去作の方もチェックしてみて下さい。

(死霊館のシリーズをまとめた記事はコチラ)

 

ポイント3.初監督作品

死霊館シリーズのスピンオフ作品全ての脚本や製作を務めてきた「ゲイリー・ドーベルマン」ですが、今作が初監督作品になります。また、シリーズ全作で監督や制作を務めてきた「ジェームズ・ワン」も今作の制作に参加しています。

 

ポイント4.見所

恐怖のアナベル人形

曰く付きの品々が起こす怪奇現象

ジュディに隠された秘密

ダニエラの目的

メアリーとボブの恋の行方

 

ポイント5.小ネタ・裏話

死霊館シリーズといえば撮影中に怪奇現象が起こる事でも有名ですが、今作でもジュディ役を演じた「マッケナ・グレイス」が撮影中に鼻血が止まらなくなるという現象が起きたみたいで、専門家による除霊が今回も行われたらしいです。

また、今作の興行収入は約1億3000万ドルでしたが、過去5作は2億ドルから3億ドル以上の興行収入だったため、シリーズの中で過去最低の結果になったみたいです。

 

こんな方にオススメ

オカルト要素のあるホラー映画をお探しの方

極上のスリルを味わえる映画をお探しの方

自分を変えたいと思っている方

社会問題に関心のある方

超常現象や幽霊に興味のある方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ジュディ・ウォーレン

ウォーレン家の1人娘。両親がマスコミに批判された事が原因で学校でイジメにあっていて、頻繁に見える謎の神父らしき霊にも悩まされている。

 

メアリー・エレン

ジュディのシッターとして雇われている女子学生。ウォーレン夫妻が留守の間に恐怖の体験をする事になる。

 

ダニエラ・リオス

メアリーの友人の女子学生。父親を亡くした事を引きずっていて、異様にウォーレン家に興味を示している。メアリーの話を聞いて、ジュディの誕生パーティに参加する。

 

ボブ・パルメリ

ウォーレン家の近所に住む青年。メアリーが想いを寄せているが、本人には伝えていない。

 

ウォーレン夫妻

心霊研究家として有名な夫婦。アナベル人形の災厄を防ぐために自宅へ持ち帰って鍵付きの保管庫にあるガラスケースに封印する。

 

あらすじ・ストーリー

心霊研究家として有名なウォーレン夫妻は、呪われたアナベル人形を持ち帰る道中、命を落としかけたためアナベル人形を誰にも触らせないように自宅のガラスケースに注意書と共に封印する。それから1年後、ウォーレン夫妻は事件を解決する一方で批判される事も多くなり、娘の「ジュディ・ウォーレン」は学校でのイジメと霊を頻繁に見る事に悩まされていた。ある日、ウォーレン夫妻が泊まりがけの仕事で家を留守にする事になり、いつものように「メアリー・エレン」にジュディのシッターの依頼が来た。メアリーは、ジュディを元気づけようと誕生パーティの準備を進める中で、友人の「ダニエラ・リオス」がプレゼントを持って訪問してきた。ウォーレン家に興味を示すダニエラ警戒していたメアリーだったが、悪い予感が的中して次々と怪奇現象が起き始める。果たして、3人はウォーレン夫妻が帰宅するまで無事に生き延びる事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と恐怖の怪奇現象はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆★★★★
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

新要素と新キャラクターの登場

新しい人物設定

存在感のあるアナベル人形

緊張感のある雰囲気

残念だった点

意外性に欠ける点

 

感想

新鮮さを感じる続編でした。

シリーズの良さを残しつつ、社会問題という新しい要素を追加する事で、過去作にはない奥深さがプラスされていると感じました。過去作で触れられる事のなかったウォーレン夫妻の保管品も登場しますし、ホラー感を存分に堪能できる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク