ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『エルム街の悪夢(2010)』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

エルム街の悪夢(2010)』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA △(レンタル)
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年4月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

BD・DVD・グッズ情報

エルム街の悪夢(2010)』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル エルム街の悪夢
原題 A Nightmare on Elm Street
監督 サミュエル・ベイヤー
公開年 2010年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 95分(1時間35分)
制作 ラチナムデューン
配給 ニュー・ライン・シネマ

 

キャスト

俳優名 役名
ジャッキー・アール・ヘイリー_ フレディ・クルーガー
ルーニー・マーラ ナンシー・ホルブルック
カイル・ガルナー クエンティン・スミス
トーマス・デッカー ジェシー・ブラウン
ケイティ・キャシディ クリステン・フォーレン(クリス)
ケラン・ラッツ ディーン・ラッセ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.リメイク作品

今作は1984年の公開以降、数多くの続編やクロスオーバー作品が制作された『エルム街の悪夢』のリメイク作品になります。大まかなストーリーは1作目と同じですが、登場人物は複数の作品から選ばれていて、相関関係を含めて設定や展開が大きく異なります。ただ、内容的な関連は特に無いので、今作単体で見ても十分楽しむ事は出来ますが、ぜひ今作と併せて過去作もご覧になってみて下さい。

 

ポイント3.新しいフレディ

シリーズ1作目からフレディ役を演じ続けていた「ロバート・イングランド」ですが、2003年に公開された『フレディVSジェイソン』で役を引退したため、今作では「ジャッキー・アール・ヘイリー」が演じる事になったみたいです。

 

ポイント4.見所

眠りと同時に襲われる恐怖

フレディの罪に対する真偽

幼稚園の地下に隠された秘密

ナンシー達の過去

過去作のオマージュ

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の制作を務めた「マイケル・ベイ」は、映画監督の経験が無かった「サミュエル・ベイヤー」の手がけたCMやMVを見て監督に推薦したみたいです。

また、劇中では70時間睡眠を取っていないと昏睡状態になるというセリフがあるのですが、実際は一睡もせずに3日が経過すると記憶力の大幅な低下や幻覚等を見る事はあっても昏睡状態にはならないらしいです。

 

こんな方にオススメ

グロテスクなホラー映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

独特な緊張感のある映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

強烈な刺激を求めている方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

フレディ・クルーガー

夢の中で人を襲う殺人鬼。夢で起こった事が現実に反映されるため、眠らない事以外防ぐ方法が無い。生前は幼稚園の庭師として働いていた。

 

ナンシー・ホルブルック

ダイナーでバイトをしている女子高生。ディーンが死ぬのを目撃した直後からフレディの悪夢を見るようになり、クエンティンと共に解決策を模索する。

 

クエンティン・スミス

ナンシーに想いを寄せる男子高校生。次々と友人が犠牲になる中でフレディの悪夢を見るようになり、眠らないようにナンシーと協力して逃れる方法を探す。

 

ジェシー・ブラウン

ナンシーの友人の男子高校生。ナンシー達と同じように悪夢を見るようになり、元恋人のクリスが犠牲になった際、一緒にいたため犯人として逮捕されてしまう。

 

クリステン・フォーレン(クリス)

ナンシーの友人の女子高生。恋人のディーンが死ぬのを目撃した後、ナンシー達と同様に悪夢を見るようになり、ジェシーの隣で眠った事で死に至る。

 

ディーン・ラッセ

ナンシーの友人でクリスの恋人の男子高校生。悪夢にうなされるため眠る事が出来ず、ダイナーを訪れた際にナンシー達の目の前で不可解な死を遂げる。

 

あらすじ・ストーリー

ダイナーを訪れた「ディーン・ラッセル」は、恋人の「クリステン・フォーレン(クリス)」に悪夢の事を打ち明けた直後に突然自殺してしまう。一連の様子を見ていた「ナンシー・ホルブルック」は酷くショックを受けるが、クリスはディーンの葬儀で幼い頃に一緒に写っている写真を見て疑問を抱く。しかし、クリスは母親に過去の事を尋ねるも、はぐらかされたため自分で調べる中で悪夢を見るようになる。その後、夢の中で殺害されたクリスは現実世界でも死に絶え、一緒にいた「ジェシー・ブラウン」はナンシーの元を訪れて眠らないように警告する。そして、クリス殺害の容疑で逮捕されたジェシーも死亡する中で、同じように悪夢を見るようになったナンシーは「フレディ」という名前を思い出す。そこで、ナンシーは友人の「クエンティン・スミス」に相談し、調べを進めていく内に全員が元同級生だと知り、眠らないように協力しながら手がかりと解決策を求めて幼稚園へ向かう事にする。果たして、ナンシーとクエンティンは悪夢から逃れる事が出来るのか?衝撃の事実と逃げ場の無い恐怖の悪夢はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆★★★★
映像 ☆☆☆★★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

オリジナルの設定と展開

怖さに特化した構成

現実と夢の独特な曖昧さ

残念だった点

弱々しく感じるフレディ

フレディの弱点が省かれている点

 

感想

シンプルに怖い作品でした。

終始雰囲気が不気味な上に昼夜問わずフレディが襲ってくるので、作品の通り延々と続く悪夢を見ているように感じました。ただ、ロバートが演じたフレディに比べると立ち振る舞いを含めて見劣りしてしまう部分もありましたが、ミステリー要素もありつつ怖さと胸糞感を味わえる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク