ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ラストミッション』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ラストミッション』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年9月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ラストミッション』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ラストミッション
原題 3 Days to Kill
監督 マックG
公開年 2014年
ジャンル アクション,ヒューマンドラマ
視聴制限 なし
時間 117分(1時間57分)
制作 ヨーロッパ・コープ
配給 レラティビティ・メディア

 

キャスト

俳優名 役名
ケヴィン・コスナー イーサン・レナー
ヘイリー・スタインフェルド ゾーイ・レナー
アンバー・ハード ヴィヴィ・ディレイ
リチャード・サメル ウルフ
コニー・ニールセン クリスティン・レナー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.リュック・ベッソン制作

今作はヨーロッパ・コープの社長「リュック・ベッソン」が脚本から制作を務めた作品になります。ちなみに、配給元のレラティビティ・メディアのCEO「ライアン・カヴァノー」も制作を務めています。

 

ポイント3.スパイの日常

今作の最大の特徴はスパイの日常を描いている部分です。大半のスパイ作品はプライベートが秘密のままだったり、プライベートそのものが存在しなかったりしますが、監督を務めた「マックG」は「スパイが家に帰ったらどんな事が起きるのか」という個人的な興味を映画の中に取り入れたみたいです。

 

ポイント4.見所

余命宣告を受けたスパイ

家族と過ごす当たり前の日常

ベテランスパイの手腕

延命出来る怪しい薬

ゾーイとイーサンの親子関係

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作は第48回スーパーボウルの中継に合わせてテレビCMを流す等、プロモーションに力を入れていたみたいです。

また、今作の公開を予定より1週間先延ばしにした事で『ポンペイ』との競合が予想されていましたが、結果的に全く眼中になかった『LEGO ムービー』に観客を奪われてしまったみたいです。

 

こんな方にオススメ

一風変わったスパイ映画をお探しの方

家族の大切さが実感できる映画をお探しの方

闇のある裏社会を堪能したい方

子どもとの接し方に悩んでいる方

仕事ばかりで家族との時間がとれていない方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

登場人物

イーサン・レナー

元CIAエージェントの男性。医者から余命宣告され、引退して家族と最後を過ごそうと考えるが、延命出来る薬を受け取る代わりに危険な任務を引き受ける。

 

ゾーイ・レナー

イーサンの娘。5年ぶりにイーサンと再会するが、反抗的な態度をとってしまう。

 

ヴィヴィ・ディレイ

イーサンに薬を与える代わりに任務を依頼したCIAエージェントの女性。

 

あらすじ・ストーリー

ベテランのCIAエージェント「イーサン・レナー」はターゲットの「ウルフ」を待ち伏せしていたが、一緒にいた他のエージェントの正体がバレてしまい、銃撃戦に発展する。何とかウルフの手下を追い詰めたイーサンだったが、突然めまいで倒れてしまい、病院へ運び込まれる。そして、医者からガンを宣告されたイーサンは引退を決意し、家族と共に残りの人生を過ごすためパリに戻る。しかし、住んでいたアパートが知らない間に移民の家族に不法占拠されていたため、妻の「クリスティン・レナー」の元を訪れる。娘の「ゾーイ・レナー」と5年ぶりに再会したイーサンだったが、長い年月で出来た溝は簡単に埋まらなかった。そんな中、CIAのエージェント「ヴィヴィ」がイーサンに延命出来る薬と引き換えにウルフの暗殺を依頼してきた。取引に応じたイーサンは薬の副作用で幻覚と発作に苦しみながらウルフを追う事になる。果たして、イーサンはウルフを追いながらゾーイとの関係を修復する事が出来るのか?スパイの忙しい日常と心温まる展開はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆★★★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

斬新な発想

ハードボイルドなスパイの設定

残念だった点

やや緊張感に欠ける点

 

感想

斬新なスパイ作品でした。

スパイの日常という部分に焦点を当てているので、良くも悪くもスパイ映画らしくないと感じました。見方によっては物足りなさを感じる反面、感動出来る作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク